「よーい、だっこ!」

運動会が秋に行われるところは、そろそろ練習がはじまっている頃でしょうか。

運動会という言葉を先生がおっしゃると、3才の孫娘は、明日にでも、運動会があると思ってしまうらしい。いやいや、まだまだ、先だよ~。

運動会と言えば、かけっこの「よーい どん!」。

孫が2才の時、お家でも庭で「よーいどん」を繰り返して練習していた。最初のポーズはとても様になっていて、ダッシュで3メートル先のパパの所に突っ込んでいっていた。

何回目かのとき、「よーい だっこ!」といって「よーい」のポーズのあと両手をひろげハグポーズでパパのところへ。そのかわいかったこと。

受け止めてくれる大人がいて、安心して、駆け出していけるのがいいよね。あっという間に子どもは大きくなってしまうから、今のうちにハグしちゃおう。

さく:ひろかわさえこ 「ぷくちゃんの たくさんだっこ」より

あきのてがみ

朝夕は涼しくなり、季節の移り変わりを、少し感じられるようになりましたね。

秋の絵本はたくさんあるのですが、翻訳本には季節を限定しているものが少ないので、やはり四季がはっきりしている日本ならではと言えるのでしょうね。

いつも、メニューボードに貼っている絵本をブログの方にもあげておきますね。