ふたを開けたら・・・

先日(4/20)絵本屋さんのピアノミニコンサートを行いました。

えほんや「たねぽけっと」は一周年を迎えられたことに感謝し、いつも「たねっぽおはなし会」に来てくれる小さなお友達とママさんたちをご招待しました。おひざでだっこの1,2歳児、果たして? 自宅の狭いスペースだし、初めての場所だし。やんちゃなお年頃だし。

やっぱり。

思ったとおり!! ちいさなお友達は生ピアノの音をしっかり聴くことができましたよ。

始めに、いつもの手遊びうたをピアノ伴奏でやったあと「エリーゼのために」「トルコ行進曲」と続けて演奏。

絵本の「あめふりくまのこ」。ペープサートで「犬のおまわりさん」。指人形で「アイアイ」と歌って。

次にジブリの「となりのトトロ」をしっとりと。ここでDAIちゃん(1歳)はオネム。スヤスヤ。

そして、いよいよグランドピアノのフタを全開にして「見においで~」鍵盤の上をぱらぱら動く指も「見においで~」で幻想即興曲:ショパンを演奏してもらいました。

ピアノ演奏は香月教子さん。こどもたちのために曲はすべて2分程度に短縮し、音量もびっくりしないようにセーブするなど、細かく配慮してもらいました。先輩、感謝です。

店内に子どもたちのすてきな表情の写真を掲示しています。どうぞ見に来てください。(カメラマンは下澤ママさん)

写真は演奏者の側にきて、聴いたり見たりの様子。

花の色、雲の影。

「巣立ちのうた」の冒頭の歌詞。なにげなく歌っていたけれど、『これか~』と思った。

鏡山の展望台から、虹の松原を見たとき、松原の上に黒い影ができていた。空は真っ青だったけど、所々うっすらと白い雲があって、雲の流れと一緒に影が移動していた。おぉ。

この歌詞、めっちゃ、壮大じゃん!!

◯◯中の卒業式でこの歌を感動的に歌ってくれた当時の中学生たち、歌詞の意味わかってなかったよね。今さらだけど、ごめんね。 いやぁ、わかってた?

前日に「もこもこ雲」がキーワードになった小説を読んで、雲が気になった一日でした。

講談社「空の絵本」より

気配りの座布団配り。

1,2歳のおはなし会でのこと。遅れてきたお友だちに、毛糸で編んだお花の座布団を、早速配ってくれるKちゃん。「気配りの男はもてるよ」とHちゃんママ。たしかに!!

母の手編みの花の座布団は、小さな子どもたちが自分の座る場所を定められたらと、おはなしの部屋に置いてある。ただ、その場にじっと座っている1,2才児はほぼいない。気になるシーンはすぐ絵本のそばに寄ってきて確かめたり指さしたり。読んだ絵本は「わたしのワンピース」「つみきだいさくせん」「どうぶつサーカスはじまるよ」歌は「あめふりくまのこ」「アイアイ」

 

起こしてあげれば よかったのに。

昨日のおはなし会で読んだ「うさぎとかめ」。近所のHONOちゃんはまだこの話に出会っていなかったらしく、とても真剣にこの絵本に入りこんでいた。ゴールの丘が見えてきて、おはなしの結末がわかった後、HONOちゃんはページを逆戻りして、にんじん畑で眠っている兎の横を通り過ぎる亀をみ見て、「どうして、起こしてあげなかったの?」と納得いかない顔。側で聞いていたママさん曰く「勝負だからよ!!」とスパッ。HONOちゃん「ん?」

前日は幼稚園の入園式。新しい上靴を靴箱に置いて帰る事に納得がいかず、大泣きした時、ママさんは丁寧に丁寧にその訳を説明したらしい。そして、やっと理由がわかって上靴を置いてくることができた。

この、スパッと丁寧さの使い分け。お見事。

岩崎書店「ウサギとカメ」より

花びら ひらひら

昨日は幼稚園の始業式の日、制服がバッチリきまっているHARUTOくんは一つお兄ちゃんのクラスになったんだね。進級おめでとう。

なにやら、手に小さな封筒をもっている。封を開けて見せてくれたのでのぞき込むと・・・桜の花びらがいっぱい!!園庭の花びらを集めたらしい。園庭はうすピンク色にそまっていたのでしょう。

今年は桜の開花が早かった割に長くもって、始業式や入学式にもひらひらといい感じに散ってますよね。

ベビーカーの女の子がお店で降りると花びらがひらひら。和白中の桜の木の下を通って来たんだね。

講談社「はるかぜさんぽ」より

お友達を待ってる間に。

おはなし会の日、時間より早く来たお友達は、思い思いにママと絵本を楽しんでいます。

KEIちゃんはお気に入りの絵本を一冊ずつ、ママのところに持ってきては『どっこいしょ』と椅子にすわって体勢を整えます。いやいや『どっこいしょ』とは言いません。若いからとってもスムーズです。あんよはプラプラしてますけど。

HARUちゃんは電車が大好き。「よこながきしゃぽっぽ」を広げて、ドアや窓を開けてみています。ママ曰く、ここに来る前に、トラックに乗った牛を見たそうな。急いで、「ホラ、ホラ、牛」ってボクに伝えたけど、チャイルドシートからは見えにくかったかなぁって。でも、トラックで運ばれる牛さんって。どこ行くのかなぁって聞かないでほしいかも。

 

あんよが上手!!

SAWAちゃんは、はいはいで飾り棚まで行きます。立ち上がって、丸い取っ手をチョイと引っ張ってみてから後ろを振り向き、ママのところへ、とことことことことっとっとっ。そして、にっこり笑顔でお手々をパチパチパチ。これをくり返すこと3往復。あんよがうれしいね。ママが受け止めてくれるからうれしいよね。お外で歩く日も近いね。

ペンギン社「ぼくはあるいた まっすぐまっすぐ」より

君の好きな花がすき

ワタシの好きな花はマーガレット。素朴で可憐でおまけに強い。

切り花にしても長持ちする。好きな花が花束の中に入っているとうれしい。

「君の好きな花がすき」このかわいい言葉は岡本光平さんの書から。

花の名前をたくさん知らなくても、好きな人の好きな花を知っているってちょっとすてき。

桜がきれいな季節になりましたね。お散歩コースの綿津見神社の桜もきれいでした。

海外の人もたくさん桜をめがけて来日するのでしょうが、うまいこと満開というわけには行かないでしょうねぇ。早すぎたり遅かったり、「あー残念でした-」のお気の毒な人も多いかもですよね。

 

桜の木といえば、「はなさかじいさん」。欲張りじいさんや欲張りばあさんは何とかならんもんかなぁ

すずき出版「はなさかじいさん」より

第3回 大人のおはなし会

第3回 「大人のおはなし会」 を行います。

連絡が遅くなりましたが、お時間のご都合がつかれる方はぜひご参加ください。

今回も楽しい絵本、心にちょっと染みる絵本などを用意しております。

4月から毎月第2月曜日を「大人のおはなし会」の定例日とします。時間は10:30~です

※事前に申し込みをお願いいたします。お電話でどうぞ。

期日: 4/8(月)10:30~

場所: えほんや たねぽけっと

参加費: 200円(茶菓子代)

定員: 8名

お気軽にご参加下さい!