届くかな、届けたいな。

ワイワイサロンは、未就園児さん親子の公民館活動。

今日は2ヶ月の赤ちゃんから3才半の子どもさんまで9組の親子が参加。

おもちゃを広げて、ゆる~く、自由遊びをしながら、顔見知りになりましょう。という感じかな。

密を避けるために、ボールプールや滑り台は倉庫の中で残念です。

 

ママさんたちが、少しの時間でも ほっとしてくれたらいいのだけれど。

 

みんなでおもちゃを片付けたあとはおはなし会です。

絵本「あかちゃんたいそう」「いちご」など。そして、ビックブック。

届いているかな。

自分は笑顔いっぱいのつもりでも、マスクだからなぁ。

絵本の力を借りても、語りかけには表情が大切なはずだ。

声だけでどれだけ表現できるのか、心許ない。

 

子どもたちは、周りの人から、いっぱい笑顔をもらって育ってほしいなあ。

マスク生活が終わるのはいつのことだろう・・・

 

ボク(2才)の都合としては。

そのつもりじゃなかったし。やりたいことがあったし。おまけにねむくなったし。

怒って、泣いて、ごきげんがななめの時もあるサッ

想像ですけど(笑い)

でも、ママの絶妙な折り合いのつけかたで、たねぽけっとのおはなしの部屋へ。いつものお友だちやママさんがさりげなく迎えてくれて、1冊目のとよたかずひこさんの「でんしゃにのって」で、ほぼ回復。ビックブックの「はらぺこあおむし」ではいつものSOUちゃんに。更に今までに見たことのないポーズで笑いを誘っていました。どこで仕入れたのかなぁ。

こがようこさんの「いちご」ではパクリと大きな口を開けて笑顔がいっぱいになりました。よかったよかった。

 

身内の引っ越しのお手伝いをしたもんで、おひっこしの絵本。

ひっこしの絵本といえば、「14ひきのひっこし」(いわむらかずお作)。

みんなで力を合わせて、材木を組み立て、それはすてきな3階建てのおうちを作っちゃう。

14ひきシリーズの食事の場面は、どれも、ほっこりするのだけど、とりわけ「ひっこし」の後のゆうごはんは、ごくろうさま~と言いたくなります。

次に、おばあさんがひとりで引っ越しをするお話、「おばあさんのひっこし」(エドナ、ベッカー作)。動物たちの意見を聞きながら、荷物をまとめて、点々と移動します。

赤い家から次は黄色、緑と・・・。そして、白いペンキのおうちへ。その家は実は!

引っ越しはエネルギーがいるから、このおばあさんはとてもパワフルなのですよ。うらやましい限り。

 

わざわざ、はるばると。

新しいお客様もうれしいですが、前に来られた方が 久しぶりに来られるのも、また、うれしく有り難いなあと思います.

「コロナ禍で、自転車通勤に換えました。」とおっしゃっていた方で、結構遠いところから、お店にもはるばる自転車で来られたので、印象に残っていました。今回は絵本好きのお友だちを誘ってこられて、電車を乗り継いで。やっぱりはるばるです。わざわざ、遠いところからありがとうございます。

お店が最寄りの駅からも遠いので、申し訳ないです。

お二人が楽しそうに絵本を選んであったので、よかったです。

 

ママがお友だちのために。

おうちで読んでもらうのと違って、どうも居心地がわるいSOUTAくん。それは ママがほかのお友だちにも見えるように、絵本を向けているから。

でも、大好きな電車の絵本だから、ママのお膝でなくても、いつのまにか絵本に集中。とっても得意気にあれこれ教えてくれます。次の絵本に移るとき、名残惜しそうでしたが、切り替えも上手にできて、思わずみんなが拍手!

NATUMIちゃんママや、KARINちゃんママにも読んでもらいました。みなさんご近所さんではないけれど、おはなし会を通じて、お互いに子どもたちのことを、何となくわかってあり、場に安心感、安定感があります。うれしいことです。予約制にさせてもらって、あらかじめメンバーがわかっているので、プログラムも考えやすいので、ありがたいです。

偕成社「ありがとうのえほん」 幻冬舎「うしろにいるのだあれ」金の星社「せんろはつづく どこまでつづく」より

根っこが関西人さん

ジョン・クラッセン作     「みつけてん」

長谷川義史さんの訳は関西弁。

昨日の大人のおはなし会では、人生の前半を関西で過ごした人、後半を関西で過ごした人の お二人がいらっしゃったのですが、根っこが関西人さんということで、Aさんに読んでいただくことに。

さすがでありました!!

いやあ、いくらまねしても、福岡人にはこの味はでません。」

絶妙な「ええんちゃう。」

ほかに、大人のおはなし会で読んだ絵本は

「ぼくがつぼくにちぼくようび」荒井良二

「ぼくがラーメンたべてるとき」長谷川義史

「スープになりました」    彦坂有紀・もりといずみ

「おだんごスープ」      角野栄子・文 市川里美・絵

紙芝居「ふるやのもり」    水谷章三・脚本 金沢佑光・絵

 

12月の大人のおはなし会は  12月7日(月)と14日(月)10:30~の2回行います。 ご都合の良い日を選んでお申込みください。いずれも5名様までとさせていただきます。

 

もし、よろしかったら、お好きな「冬の絵本」を1冊お持ちいただけるとありがたいです。もちろん手ぶらでも結構です。お気軽にご参加ください。

なんでわかるの?

『のりもの絵本』が、大好きなのは よぉーく知ってる。

それにしても、そのコーナーに入った新しい絵本をバッと引き抜く4才児さん。すごいです。

自分のうちの本棚にないものは背表紙でさっと分かっちゃう。読み込んでますねぇ~。

偕成社「ピンポンバス」より

4羽のからすのこどもたちの その後。

かこさとしさんの絵本は科学や天体ものから物語まで多岐にわたっていますが、

「からすのパンやさん」は、これ知ってる。と多くのお客様(大人の方も)が言われます。

からすのこどもたちは4羽。チョコちゃん、リンゴちゃん、レモンちゃん、オモチちゃんです。

4羽のこどもたちは、その後りっぱな若者になって。

チョコ君はおかしやさんに。リンゴさんはやおやさんに、レモンさんはてんぷらやさんに。そして、オモチ君はそばやさんになるという、いずみがもりのパンやさんから、壮大なおはなしが続いています。

その4冊を6歳の孫の要望に応えて、なんだ かんだで、一気読みしました。

やおやさんの「ひとつは3えん」「3つで7えん」がお得かどうかを理解するのに説明が必要でしたが、改めて、かなりおもしろかったです。

偕成社「からすのそばやさん」「からすのやおやさん」「からすのてんぷらやさん」「からすのおかしやさん」より

「あきらめないでっ!」

孫から「おばあちゃん、折り紙、新しいのできた?」と聞かれるから、 頑張るんだけど。

「ゴリラ、作ったよー」5,6個作って覚えたつもりなのに、あれ?あれ?

途中から思い出せない。ほどいても、ますますわからなくなって、うー・・・・

その時、4歳の孫から「あきらめないでっ!!」と励ましのことば。

前足のところがどうも違う気がするけど。顔を書いたら、何とかゴリラに見える。

それにしても、「あきらめないで」の言葉をいつ使えるようになったのだろう。パパやママから言われたのか、保育園の先生に言われたのか、自分に言われたのではなく、お話の中で聞いた言葉なのか。

あまりにも、適切にどんぴしゃで、おばあちゃんの心に響きましたよ。

 

がんばったのは ママ!!

「たねぽけっと」では、おはなし会のカードの「たねっぽスタンプ」が10個たまると、かわいいお名前はんこがもらえます。

この はんこは近くに住むYさんの手作りで、はんこをゲットされたママさんにとても喜ばれます。

 

おはなし会の最中にぐずったりしないよう(ぐずっても大丈夫だよ!)、生活のリズムを整えて、お出かけモードにするのは大変かと思います。だから、「よく、がんばりました!」といって、ママさんをほめてあげて、お子様に渡します。

もうすぐ、ゲットの方はお楽しみに!!