やわらかいふんわりとした、時間

23才の彼女はちょうど10年前の教え子。ご両親と一緒にご来店。

気候がよくなり、体調もよいとのことで、訪問を思いついて下さり、とてもうれしい。

特別支援学校の訪問教育を受けていた彼女に「ぴっぽのたび」を読んであげた。12の月の夢は絵画のように美しいのです。目をしっかり見開いて、時々大きな息をふうと吐きながら、絵本を感じて受け止めてくれたと思いました。彼女といると、やわらかい時間が流れます。ふんわりとしたいい時間でした。来てくれてありがとう。

NHK出版「ぴっぽのたび」より

歌うということ、奏でるということ

ことばと旋律とリズムが、魂となって、身体から生み出される様は・・

時に陣痛のピークのごとく、時に清水のせせらぎのごとく。表現の深さ自由さに恐れ入った。昨日のギターとピアノの弾き語りライブでのこと。

この年になっても時々は、魂をばらばらにして、リセットしなくてはと思う。

この絵本とのマッチングは笑っちゃうくらい変だけど、でもロックな絵本はないし(ウチには)

福音館書店「きょうはマラカスのひ」より

おさんぽ日和

今日も良いお天気です。赤ちゃんのお散歩にもよい気候ですね。抱っこやベビーカーでお外に出て秋の空気をたっぷり吸いましょう。

えのころぐさ(猫じゃらし)を見つけたら、おててに持って、「ハイ、パチリ」秋らしい一枚になりますよ。

お散歩の途中にぜひ、絵本や「たねぽけっと」にもお立ち寄りくださいませ。

講談社「あきぞらさんぽ」より

だいじょうぶよ!

「だいじょうぶよ。」この一言で、気持ちが軽くなることってありますよね。

先日のたねっぽお話会でのママさん同士の会話、「この間は機嫌が悪くて、お話も聞けなかったし・・迷惑かけると思って、今日もどうしようかと・・・」

「全然、だいじょうぶよ! そういう時もあるし、気にしなくていいよ。」と

そのとおり!!眠かったり、人や場に慣れてなかったり、赤ちゃんにもいろいろ都合があります。タイミング良くお話会の時間にあわせることは難しいですよね。それもこれも、みんなでおおらかに包み込みましょう。

講談社「だいじょうぶ だいじょうぶ」より

「よし」と声を出して呟くと、ふん、という強い顔をして歩き出しました。

女の子が勇気を出そうとすると つい、こうなるものです。自分では、気がつかないんですけど。

 

作:梨木香歩 絵:早川司寿乃 「マジョモリ」からの一節です。

不思議  な森へのご招待はありがちな話かと思いきや、ちょっと和洋折衷のおしゃれ感があり、引き込まれます。

ふと、姪の咲子が書いた「えいやっ!と飛び出すあの一瞬を愛してる」を読み返してみようと思いました。

海鳥社「えいやっ!と飛び出すあの一瞬を愛してる」より

でんでんむしの かなしみは

「わたしの せなかの からの なかには かなしみが いっぱい つまって いるのです」

「あなたばかりでは ありません。わたしの せなかにも かなしみは いっぱいです。」

 

高齢者の施設のラウンジで食事がくるのを待っている人たち・・静かです。

穏やかに二言三言お話をされている。車イスの後ろのポケットに俳句のテキストがはいっている人も。

いろいろなことを乗り越えて、いろいろなことを成し遂げて、今があるのでしょう。想い出は背中の殻にいっぱい。もちろん悲しみばかりではなく、喜びも。

大日本図書「でんでんむしのかなしみ」より

「相づち」って大事。

「そうそう」「ん、そう?」「あぁ、そう」

と電話口で相手の話を上手に聴いてくれる人がいる。直接、話している時でも同じように相づちを打っている人だったかもしれないけど、電話だと改めて、聞き上手な人は、相づち上手だなと思う。

 

携帯のLineだと『了解』を打てば終わる内容の伝達でも、生の言葉で返事をくれるとホッとしたりする。動画も便利だし、テレビ電話もありがたいけど、伝達方法として、生の声も直筆の手紙も絶対に廃れてほしくないなぁ。とパソコンのキーを打つ。

童心社「おてがみちょうだい」より

「だんまりこおろぎのひみつ」

先日はころりん食堂(こども食堂)での読み聞かせに行ってきました。先月はお休みしていたけど、覚えていてくれた女の子(年中さん)が「絵本読んでくれるン?」。小一の男の子が「こっちでケーキ食べていいよ」と腕を引っ張ってくれて、フレンドリーで嬉しかったです。

今日は店長さんのお誕生日ということで、読んだ絵本は「いま、なんさい?」((ひがしちから)と「だんまりこおろぎ」(エリック・カール)そして「へびのみこんだなにのみこんだ」(ツペラツペラ)

「だんまりこおろぎ」では、みんなで『こしこしこし』と羽をこすってもらって、やっと「ころころりりり」と鳴き出したら、おぉーわぁーと歓声。そして絵本の側によってきて、秘密を暴かれてしまった。絵本をパタパタしたり、光のセンサーに指をあてたり・・・

 

今日の夜はお月さんが見えないかもしれないけど、コオロギの鳴き声は聞こえるかも。

偕成社「だんまりこおろぎ」より

男の子にも、ぜひどうぞ。

女の子だからって、決めつけちゃいけないんだ。ってわかっているのに、つい、女の子にと言ってしまった。深く反省。「こんとあき」は男の子にもぜひどうぞ。

「わたしのワンピース」も心のどこかで女の子に勧めてしまう自分です。いかんいかん、いやいやいや、男の子にも読んでほしい。電車の絵本が大好きな女の子もいるいる。

 

ちなみに、大人になったウチの女の子の一人は「14ひきのひっこし」(いわむらかずお)

のこのページが大好きだったそうで。ワクワクしたらしい。というわけで建築を学び、お家の設計を仕事にしています。

童心社「14ひきのひっこし」より

扉を開けるのはボクとワタシ

紙芝居の魅力は扉を開けるところから・・・

『知ってる!!その開け方!』

たねぽけっとのお話会では、紙芝居の舞台の扉を子どもたちに開けてもらっています。一才児でもその役割は上手に果たせます。しかし、扉をあけることだけに満足しちゃいけないよ(笑)

初めてのお友達は控えめに見てるだけでしたが、次回は遠慮しないでどうぞ前に出ておいでね。

これから、君たちはたくさんの扉をあけていくんだよ。ひとつひとつね。

 

紙芝居は「おむすびくん」「ころころじゃぽーん」。絵本は「どんぐりころちゃん」と「だんまりこおろぎ」そして、HARUくんママに読んでもらった、「でんしゃにのったよ」。和白駅から西鉄電車に乗って小旅行した気分!とても上手に読み聞かせをしていただきました。ありがとうございました。