タンポポにとまれ。

今日のお話会には、7組8人の子どもたちが参加してくれました。わらべうた絵本の「いろいろおせわになりました」から始めましたが、昨日からワタシは声を枯らしていたので、ママさんたちにバトンタッチ。「もけらもけら」も二人のママさんに。「どうぶつのおかあさん」「かおかおどんなかお」と。みなさん絵本をよく読み聞かせしてあるので、初見でもとても上手です。「いちご」ではみんな『パクリ!!あむあむ』と次々においしそうないちごを食べに来てくれました。ママに持って行ってくれる子も。

「じゃあじゃあびりびり」も歌入りをみんなで。たのしかったね!

最後におみやげのちょうちょで、絵本の「たんぽぽ」にとまりました。春よはやくこい。

今日はママさんたちに助けてもらったお話し会でした。ありがとうございます。

これから、声が出るときでもママさんたち絵本を読んでもらいたいと思いました。はい。

アンデルセンでした。

たぶん幼稚園のころ、持っていた絵本の名前は「白鳥の王子」のような・・でも、それからこの年になるまで、この絵本に再会していない。

ところが、安野光雅著の「旅の絵本」Ⅳデンマーク編<アンデルセンの世界>の解説を読んでいたら、なんとそこに「野の白鳥」として11人の王子と末の妹のエリサの話がでているではありませんか。これこれ!!確かに11羽の白鳥が飛んでいて一人の女の子がいます。へ~アンデルセンだったんだ、恥ずか しながら納得。

「旅の絵本」はドローンで撮影したような風景画が細かく描かれていて、デンマーク編ではどのページにもアンデルセンのお話がたくさんちりばめられています。風景画の中に絵本の主人公がさりげなくいて、それを見つけるのが楽しい。それにしても、幼いころのお話を半世紀以上記憶しているワタシすごい? あ、アンデルセンがすごいのか、そういうことだね。

福音館書店「旅の絵本Ⅳ」より

第2回 大人のおはなし会

第2回 大人のおはなし会 を行います。

※事前に申し込みをお願いいたします。お電話でも受け付けます。

期 日: 2/26(火)10:30~

場 所: えほんや たねぽけっと

参加費: 200円(茶菓子代)

定 員: 8名

好きな絵本など 持ち寄りましょう。手ぶらでもけっこうです。

お気軽にご参加下さい!

つぼみ菜

なんともかわいくて春らしい名前のお野菜!!

同じ仲間に四川児菜(子持ちタカナ)や祝蕾(しゅくらい)など。旬は一月から三月くらいまで。

お話し会の仲間から頂いたので、鑑賞用に少し残して、天ぷらで頂くことにする。

まだ、カゼは冷たいけれど、昨日はお日様に誘われて、小さいお客様が次々に来てくれました。蕾たちは大きくふくらんで春をまっているのですね。新一年生へのプレゼント、喜んでくれるといいな。

「◯◯◯◯と申します」

母より先に自己紹介をする年長組さんのボク。名前を聞かれる前に自ら「◯◯◯◯と申します」。

思わず、どこの小学校にいくの?と聞いてしまった。電車やバスを乗り継いで、行くのかと思った。絵本を指さしてはこれ知ってる。これ保育園で見た。と言いながら、知っている絵本チェック。

でも、お店で「はまった」のは折り紙の駒。3枚のパーツを取り替えたりして、色にこだわるのかと思ったら、パワーチェンジしてパワーアップすると説明してくれた。「?へ~」

卒園間近の年長組さんが園で読んでもらったのは「おおきくなるっていうことは」

童心社「おおきくなるっていうことは」より

「おしょうさまにききなされ」

今日は小学校の読み聞かせの日。お昼休みの図書館に15、6人の子供たちが集まってくれた。

3人のボランティアで25分ほど。はじめに読んだのは「かえるをのんだととさん」。腹いたを起こしたととさんが「かかさんや」と尋ねるとかかさんは「おしょうさまに ききなされ」と答えます。和尚様の答えは?  何を飲まされるのか、ワクワクどきどき。繰り返しの台詞も楽しい。「おしょうさまにー」で目の前の女子に「ン?」と促すと小さな声で「ききなされ」と答えてくれた。そのまた次の台詞ではみんなにブレスで合図を送ると「おしょうさまに ききなされ」と唱和してくれた。ちょこっと参加型にするとお互いに楽しい。結末には笑い声もあり、やっぱり昔話っていいな。

福音館書店「かえるをのんだととさん」より

えんぴつで百人一首

昨日の定休日は運転免許更新、美容室、母の老人ホームでの入浴介助のミッション遂行。

平日の運転免許試験場はスカスカだった。5年前までは日曜日に行っていたので、すごい行列でストレスだったのに。美容室も雨のせいか、スムーズだった。そして、母のところへ。持って行ったお土産は「えんぴつで百人一首」という練習帳。92歳の母の気持ちはネガティブだったり、ポジティブだったり日々変わるのだけど、今日のお土産は吉とでた!「ようと覚えとらんけど」と言いながら、声に出して、いくつかの歌を詠んではまんざらでもない様子。「こりゃ、毎日、やってもだいぶ時間がかかるね、長生きせないかんね」と。よかったよかった。帰ったら、家の料理長がシチューを作ってくれていた。いい一日だった。

ちなみに、「えんぴつで百人一首」はウチの絵本やでは扱えない、残念!!

ポプラ社「えんぴつで百人一首」より