三世代

GW真っ最中。

帰省した息子さん、お嫁さん、お孫さんたちと三世代、三家族で御来店のお客さま。

それぞれに、気になる絵本を選択。おばあちゃんが選んだのは「絵で見るある町の歴史」

(大型絵本)。お孫さんを膝にのせ、ページをめくっていると、お店の真ん中のテーブルに家族が集まってきて、頭が6つ、7つ、一つの絵本を囲んでいる。この絵本力ってすごい。そして、この家族力がすごい。K子おばあちゃんの吸引力がすごいのかなぁ(笑)

もうすぐ4歳(男子)

〇腰をおとして、ポーズをとり、急に「オレとオマエ」になる。(なりきり戦隊もの)

〇人形の帽子と服の色で「ぐりとぐら」の区別がわかり、おはなしを次々とつくる。

〇左手をドラえもんの手にして、キュウリを切る(包丁は和菓子についていたもの)

〇バージョンという言葉を覚え、すぐ使える。

〇パネルシアターはスタッフとして働きたがる。

〇絵本屋さんになったおばあちゃん家にきて、「ここからがおばあちゃんち」と境目を言う。

〇「おわかれ?」 『おわかれ』という言葉を知っている。

綿津見神社から

えほんや「たねぽけっと」から元気に歩いて、20分で綿津見(わたつみ)神社に着きます。

神社を抜けると海が広がっており、志賀島、相ノ島なども見えます。朝のお散歩Aコースです(西坂家の)。海へ降りる道があり、海岸を歩くことができますが、潮が満ちていると、一部渡れないこともあります。

浜を歩くと、ちょっと遠回りで1時間では家に帰り着かなくなり、潮が引いていると、

そこで決断を迫られます。「んー、渡れるけど、今日はやめとこ」

この歳になると、一日のエネルギーの配分ってものがあるので。

でも、波打ち際をずーっと歩くと地球を歩いているような気分になります。

「ほんとです。あっ、いや、ちょっと盛ったかも」

若葉色のひらひら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若葉色のひらひらスカートをはいた、かわいいお客さまは1歳4ヶ月。

にこにこ笑顔で店内をお散歩。あんよがうれしいお年頃ね。

赤ちゃん絵本のところで、あれこれ自分なりに思案して。

店内のベンチでママの読み聞かせに「きゃっきゃっ」とかわいい声をあげていました。

幸せな風景にこころが和みます。普段から、おばあちゃんやママにたくさん絵本を読んでもらっているのがよくわかります。

帰りはお店の前のスロープを途中から手すりをくぐる体勢に。ママに助けてもらって無事着地。

若葉色のひらひらスカートのお客さまは自由な1歳4ヶ月。そして絵本だいすきっこ。

くるくる貝

ヘルメット女子(小学二年生)はお兄ちゃんと自転車でご来店。

雲のテーブルでしばらく絵本を読むと、カウンターのところまでやってきて、

折り紙につつんだ、貝殻を一粒、おばちゃんの手のひらに。

「ありがとー。海岸で見つけたと?」「ううん、学校」

和白小学校の敷地内には松林があって、砂地のところがあるから、きっとそこでみつけたのかな。

大切な宝物を一粒、分けてくれてありがとう。大事にするねー。

ヘルメット女子は、百人目のお客さまでした。

たねっぽ通信 2018年5月号

こっちです。

ナビで目的地付近までくると、見捨てられるケースよくあります。

「えっ?どこ?」

分かりにくくてごめんなさい。

矢印を2カ所たてました。でもやっぱり分かりにくいと思いますので、和白中学校付近まで来たら、お電話くださいね。

赤いエプロンのおばちゃんが「こっちこっち」と手を振ると思いますので。

あきらめないで、「たねぽけっと」に到着できますように。

がっちり雲のテーブルできました。

子ども用のイスに合わせて、雲のテーブルを作ってもらいました。制作者はキヨシ父さん(夫)。依頼人はやすこ母さん(私)。新聞紙にマジックで、もくもく雲を書いて、子ども用の高さを想像して・・。「こんなの」とお願いすると、

一週間の時を経て「完成!」です。廃材でつくった、がっちり雲!!ふわふわ感はありませんが、子どもたちがどこに手を着いても、傾くことはないと思います。安心して本を読んでね。

 

ちなみに「技術の先生だったっけ?」とよく言われるけど、いえいえ、理科の先生でした。ハイ。

芽がでたよ

オープン記念にお配りしたひまわりの種は、もう土のお布団をかぶったでしょうか。

お庭やプランターや、はたまたお友達のところへお嫁入りしたのや、おばあちゃんのところにお邪魔しにいったのや、いろいろなところで、もう芽を出している頃かと思います。

どうかすくすく育ってほしいです。ウチではいろいろな花苗を、よく買って植えるのですが、種をまくことはほとんどしないので、ちょっと不安でした。でも無事、双葉がでましたよ。夏になって大きなひまわりの花が咲きますように。

 

 

「おべんとうバス」

「おべんとうバス」

作・絵:真珠まりこ

ひさかたチャイルド

すてきな赤いバスに「はーい」と

お返事しながら乗り込んでくるおかずたち。みんな乗り込んだら、さあ出発。

おべんとうをつくって出かけたくなりますね。おうちの中でシートを広げておべんとうタイムでも。