たねっぽ通信 2018年4月号

はじめまして

はじめまして。

意を決して、この歳になって絵本屋を始める夫婦です。無謀かと思えるこの選択も、この歳だからこそできるのだと思うのです。子どもたちが自立し、孫にも恵まれました。孫たちに絵本をよみきかせしているうちに、大好きな絵本に囲まれて第二の人生を始められたらと思いました。

自宅の改装を始めて2ヶ月あまり、外構がもう少しで仕上がります。内装が終わったので、今日は絵本を並べました。

只今、15日のオープンをめざして準備中です。

「ごめんねともだち」

「ごめんねともだち」

作;内田麟太郎

絵:降矢なな  偕成社

 

おれたちともだちシリーズ 11巻

「ともだちや」から読んでほしいところです。
オオカミさんのその一言がいえない気持ち,わかります。

降矢ななさんの絵も楽しい。裏表紙もちゃんと見てね。