レインコートのお嬢さん

GW最終日の昨日、雨かぜの中、レインコートを着た小学生の二人のお嬢さんがお店へ。

「二人姉妹?」

「ううん、もう一人、妹がいる。年中さん。」

「三人姉妹ね」

「お母さん、お仕事だから」

「そう」

「妹はお留守番、パパと」

「そう、この雨やけんね」

お土産に折り紙の傘を3つ持って帰ってもらいました。

今日も雨だけど、レインコートを着て、元気に学校と保育園に行ったことでしょう。

「とんことり」

「とんことり」

作:筒井頼子 絵:林明子

福音館書店

引っ越ししたばかりの玄関で小さな音がします。郵便受けの下には?

玄関の物音って、耳を澄まして感じるもののひとつですよね。

あの子の名前はなんだろう・・

「ちいさなきいろかさ」

「ちいさなきいろかさ」

作:もりひさし  絵:西巻茅子

金の星社

「かさ」ってなぜか,2,3歳児でも持ちたがります。まだ,まっすぐさせないのに。傘の中ってなんか,すてきなんでしようね。

なっちゃんのかさは不思議なかさ,いっしょにおはいりなさい。

女のコってね。

2歳のほのちゃんは絵本が大好き。

「おでかけまえに」がお気に入り。

なぜって?

きっかけは、自分と同じくらいの女のコが表紙にいるから、たぶん。

絵本の主人公は動物たちが多いですから、当然表紙も動物たち。

そんな中、林明子さんの絵本は

「はじめてのおつかい」

「こんとあき」

「とんことり」

そして、もちろん

「おでかけのまえに」も、みんな女の子が主人公で表紙をかざっています。

2,3歳の女の子にはたまらないですね。

ほのちゃんの家族もみんなでピクニックにいけるといいね。

 

2歳くらいの子どもさんにとって、文章が長い時は絵を中心にストーリーを追いながらだけでもいいですよ。子どもたちはしっかり絵を読んでいます。(大人よりも)

 

三世代

GW真っ最中。

帰省した息子さん、お嫁さん、お孫さんたちと三世代、三家族で御来店のお客さま。

それぞれに、気になる絵本を選択。おばあちゃんが選んだのは「絵で見るある町の歴史」

(大型絵本)。お孫さんを膝にのせ、ページをめくっていると、お店の真ん中のテーブルに家族が集まってきて、頭が6つ、7つ、一つの絵本を囲んでいる。この絵本力ってすごい。そして、この家族力がすごい。K子おばあちゃんの吸引力がすごいのかなぁ(笑)

もうすぐ4歳(男子)

〇腰をおとして、ポーズをとり、急に「オレとオマエ」になる。(なりきり戦隊もの)

〇人形の帽子と服の色で「ぐりとぐら」の区別がわかり、おはなしを次々とつくる。

〇左手をドラえもんの手にして、キュウリを切る(包丁は和菓子についていたもの)

〇バージョンという言葉を覚え、すぐ使える。

〇パネルシアターはスタッフとして働きたがる。

〇絵本屋さんになったおばあちゃん家にきて、「ここからがおばあちゃんち」と境目を言う。

〇「おわかれ?」 『おわかれ』という言葉を知っている。

綿津見神社から

えほんや「たねぽけっと」から元気に歩いて、20分で綿津見(わたつみ)神社に着きます。

神社を抜けると海が広がっており、志賀島、相ノ島なども見えます。朝のお散歩Aコースです(西坂家の)。海へ降りる道があり、海岸を歩くことができますが、潮が満ちていると、一部渡れないこともあります。

浜を歩くと、ちょっと遠回りで1時間では家に帰り着かなくなり、潮が引いていると、

そこで決断を迫られます。「んー、渡れるけど、今日はやめとこ」

この歳になると、一日のエネルギーの配分ってものがあるので。

でも、波打ち際をずーっと歩くと地球を歩いているような気分になります。

「ほんとです。あっ、いや、ちょっと盛ったかも」

若葉色のひらひら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若葉色のひらひらスカートをはいた、かわいいお客さまは1歳4ヶ月。

にこにこ笑顔で店内をお散歩。あんよがうれしいお年頃ね。

赤ちゃん絵本のところで、あれこれ自分なりに思案して。

店内のベンチでママの読み聞かせに「きゃっきゃっ」とかわいい声をあげていました。

幸せな風景にこころが和みます。普段から、おばあちゃんやママにたくさん絵本を読んでもらっているのがよくわかります。

帰りはお店の前のスロープを途中から手すりをくぐる体勢に。ママに助けてもらって無事着地。

若葉色のひらひらスカートのお客さまは自由な1歳4ヶ月。そして絵本だいすきっこ。

くるくる貝

ヘルメット女子(小学二年生)はお兄ちゃんと自転車でご来店。

雲のテーブルでしばらく絵本を読むと、カウンターのところまでやってきて、

折り紙につつんだ、貝殻を一粒、おばちゃんの手のひらに。

「ありがとー。海岸で見つけたと?」「ううん、学校」

和白小学校の敷地内には松林があって、砂地のところがあるから、きっとそこでみつけたのかな。

大切な宝物を一粒、分けてくれてありがとう。大事にするねー。

ヘルメット女子は、百人目のお客さまでした。