心にチャージ

大人の方にも店内で絵本を読ませていただくことがあります。

7,8分の時間、ハーブティなどを飲みながら、ほっとしていただけたらと思っています。

(お飲み物は大人だけの時のきまぐれサービスです!)

 

忙しい日々の中で、ちょっと立ち止まって、絵本からのメッセージに気づいてもらえるとうれしいです。

読んだ本は

「最初の質問」

詩:長田弘  絵:いせひでこ

「あさになったのでまどをあけますよ」

荒井良二

おはなし会のお知らせ

日時 5月12日(土)11:00~

場所 たねぽけっと「おはなしのへや」(和室)

2,3歳対象になりますが、0,1歳の方でも参加できます。

申し込み不要です。

ちょっとだけ、のぞいてみるのもOKですよ。

 

おはなし会に参加したお友達はカードにスタンプを押しています。

「たねっぽさん」を集めてくださいね。ちっこいプレゼントがありますよ。

ドアをあけて

お店の入り口のドアに『とって』がつきました。

小さい子どもさんでも、赤ちゃんを抱っこしたママでも大丈夫。すーっと開けることができます。

自動ドアではありません。じっと立っていても開きません。あくまで、手動ドアです。多少、軽い力でスライドするようになっただけなんですけど。

「ちょっと来て、開けてみらんね。」

ドアが閉まっていても、OPENの札がかかっていたら、どうぞ、お気軽にお入り下さいね。

まあ、写真を載せるまでもありませんが。

年賀状のあの子が・・・

毎年、家族写真の年賀状をくれる友人。

年々、子どもたちが成長してゆく姿を、頼もしく見ていました。

末っ子のご長男さんが、なんと『でっっっかく』なってご来店。

子ども教育学科に学び始めた、大学一年生。

子どもに関わる仕事に就きたいとのこと。

彼の志にエールを送ります。

心も体もでっかく豊かに育った彼は、バムケロのバムちゃんに似ているような。

いえ、体形ではありません。

おおらかな、やさしい心が、です。

その名はカルミア

お店のガラス窓の下に小さな花壇があります。

お客さんが「かわいいね」と言って下さる、その花の名は『カルミア』

赤い蕾は金平糖のようです。花開くとちょっと印象がかわります。

ん~どっちかというと、蕾の方がかわいいかも。

レインコートのお嬢さん

GW最終日の昨日、雨かぜの中、レインコートを着た小学生の二人のお嬢さんがお店へ。

「二人姉妹?」

「ううん、もう一人、妹がいる。年中さん。」

「三人姉妹ね」

「お母さん、お仕事だから」

「そう」

「妹はお留守番、パパと」

「そう、この雨やけんね」

お土産に折り紙の傘を3つ持って帰ってもらいました。

今日も雨だけど、レインコートを着て、元気に学校と保育園に行ったことでしょう。

女のコってね。

2歳のほのちゃんは絵本が大好き。

「おでかけまえに」がお気に入り。

なぜって?

きっかけは、自分と同じくらいの女のコが表紙にいるから、たぶん。

絵本の主人公は動物たちが多いですから、当然表紙も動物たち。

そんな中、林明子さんの絵本は

「はじめてのおつかい」

「こんとあき」

「とんことり」

そして、もちろん

「おでかけのまえに」も、みんな女の子が主人公で表紙をかざっています。

2,3歳の女の子にはたまらないですね。

ほのちゃんの家族もみんなでピクニックにいけるといいね。

 

2歳くらいの子どもさんにとって、文章が長い時は絵を中心にストーリーを追いながらだけでもいいですよ。子どもたちはしっかり絵を読んでいます。(大人よりも)

 

三世代

GW真っ最中。

帰省した息子さん、お嫁さん、お孫さんたちと三世代、三家族で御来店のお客さま。

それぞれに、気になる絵本を選択。おばあちゃんが選んだのは「絵で見るある町の歴史」

(大型絵本)。お孫さんを膝にのせ、ページをめくっていると、お店の真ん中のテーブルに家族が集まってきて、頭が6つ、7つ、一つの絵本を囲んでいる。この絵本力ってすごい。そして、この家族力がすごい。K子おばあちゃんの吸引力がすごいのかなぁ(笑)

もうすぐ4歳(男子)

〇腰をおとして、ポーズをとり、急に「オレとオマエ」になる。(なりきり戦隊もの)

〇人形の帽子と服の色で「ぐりとぐら」の区別がわかり、おはなしを次々とつくる。

〇左手をドラえもんの手にして、キュウリを切る(包丁は和菓子についていたもの)

〇バージョンという言葉を覚え、すぐ使える。

〇パネルシアターはスタッフとして働きたがる。

〇絵本屋さんになったおばあちゃん家にきて、「ここからがおばあちゃんち」と境目を言う。

〇「おわかれ?」 『おわかれ』という言葉を知っている。

綿津見神社から

えほんや「たねぽけっと」から元気に歩いて、20分で綿津見(わたつみ)神社に着きます。

神社を抜けると海が広がっており、志賀島、相ノ島なども見えます。朝のお散歩Aコースです(西坂家の)。海へ降りる道があり、海岸を歩くことができますが、潮が満ちていると、一部渡れないこともあります。

浜を歩くと、ちょっと遠回りで1時間では家に帰り着かなくなり、潮が引いていると、

そこで決断を迫られます。「んー、渡れるけど、今日はやめとこ」

この歳になると、一日のエネルギーの配分ってものがあるので。

でも、波打ち際をずーっと歩くと地球を歩いているような気分になります。

「ほんとです。あっ、いや、ちょっと盛ったかも」